あちらこちらでたまに竿を振った釣果を書いてます。普段はつぶやき主体です

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近鯛焼きにはまっている。
鯛焼きとは言っても、メタルキャストで作る鯛焼きだ。


ミノーの自作とは違って、一つ型を作ってしまえば


「量産できる!」



ココが重要なところ。


ミノーを含むプラグでは


まず形を必要な分だけ作って・・・
色塗って、加工して~



と楽できない。いやこれもこれで楽しいのですが、



苦労して作ったルアーが



「一投目で殉職」


「バランスが全然ダメ」



なんてことがよく起こるわけで、それに比べると鯛焼きは、量産が簡単。
余り集中して時間の取れない社会人にはぴったりでしょう。
カラーリングも余りこだわらなくていいし。
(もちろん凝ってもいいですが、私は適当)




---ここから----



まずは元の型作り。
今までなんどか市販されているジグをピーコして作ってみたので、大部自信がついた。

そんでもって欲しい機能は


・やはり引きおもりしないこと

・滞空時間(滞水時間かw)が長いこと

・で、地域的にはロングよりも通常の形状




この辺につきる。


いずれも形状が鍵になるのだろうがそれほど分かるわけでも無し、適当にバルサを削るw


ただ、一つ言えるとしたら引き重りしないようにするには、ジグのエッジを立てて細く仕上げるというのが一番良さそうだ。また、滞空時間を長くするには、やはりフォール時に水平に近い形を取るって言うのが良さそうだ。

この辺からすると、バランスはセンター付近に持っていくのがよいかなと。
で、エッジは細く立てる。




この辺を考慮に入れて、バルサに適当に作った型紙をはりつけて、削る。

バルサだとすぐに完成。楽だ。


あとはサンドペーパーで磨いて、下地を作る。
目止めをしたら、モールドの完成~


DVC00006s.jpg

次はシリコンで型を取ります。




関連記事
もっと釣りの情報を見る
釣り情報ポータルFish/up  にほんブログ村 釣りブログへ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boo007.blog4.fc2.com/tb.php/175-bd6e9f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。