あちらこちらでたまに竿を振った釣果を書いてます。普段はつぶやき主体です

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月20日
ヒラマサ



今週は家族サービスで南房に行って来ました。


南房と言えば現在ヒラマサが好調!


これは半日ほど時間をもらっていくしかないでしょう。どこにって、沖にデス
<どこが家族サービスなんだというのはおいといて


・・・・イヤイヤ、料理も立派でちゃんと家族サービスでしたよ。





----ここから----



今回は船宿を大原方向で無い、行ったことのないところを選択しました。水深などはやや深いみたいです。
ドラグ設定はどうしようか・・・大原と一緒でイイか(これが大失敗)


ちょっと出船ができるのかどうか怪しかったですが、こればかりはしょうがない。行いがよいことを祈りましょう



前日、宿泊先から電話してみた。出るらしい。今日もムリヤリ出たとか。ワラサ1本だとか。



翌朝未明、私だけ一足先に出発。



お世話になった船宿は白浜渡船。渡船のお客さん(オヤジども)がたくさんいた。あちらの世界も病気ですな。船宿には魚拓がいっぱい(イシダイ、メジナたくさん!)
あと、IGFA世界記録だという140センチのヒラマサの剥製



・・・絶句



受付をして席順はくじ引き。これだと席取りから熱くなる必要が無くていいですね。
私は1番をひいて左大ともを選択(これも失敗だった(^^;

船は5時前に定員の8人を乗せて出発。


何でも南西の風が吹いて水温が下がってイマイチらしい・・・・困ったモンだ
でも、良い天気で、快晴、風も弱い。大変きもちいい。あとは釣れるだけだ。



イワシ?かなにかが追われている。シイラだ。
やはり南房総先端、暖かいね。

「ではこの辺からはじめるよ。水深45m」<br> との合図でイザ戦闘開始!海は青く、濁りが入っていることが多い鹿島灘とは違う。大原とかと一緒だ。
この船の流し方はゆっくり根を縦断するように流すようだ。水深が深いため私は130gのロング系ジグを選択。そいつを軽くキャストしてほりこむと、緩く後ろに向かって沈んでいく。潮はそれほどきいていない。

ボトム着底後軽くあおってシャクリはじめる。「ちゃっちゃっ×10、ふぅ~、ちゃちゃっ×10、ふう~、ちゃーっ、ちゃーっ、×5、ちゃちゃちゃちゃふう~」こんな感じにやってると右ミヨシ側でヒット
マサらしい。こちらには来ない

「いいなあ」

と、こちらも修行を続ける。・・・・ごん「あ”根掛かり」仕方がないので切る。きっちりリーダーが切れる。

さっさと付け替えて操作がしやすかったので同じヤツの色違いをつけてほりこむ。


そのあときた

「がつ、がつん」

魚だ。すかさずリールを下から押さえるつけるようにあげて合わせを1つ、2つ入れる。それと同時に魚は走り出した。
「じーいぃぃぃぃぃぃぃぃ~」スゴイ引きだ。キツイ設定(6キロくらい)にしてあるドラグから糸が引き出される。ロッドは水面に突き刺さってもまだ足りず、竿が持って行かれる。
その時は何とか耐えられた。テンションを掛けたまま半分くらいまで戻したその時、また走り出した。

「じ-いぃぃぃぃぃ」ドラグが出るのが間に合わず、ロッドが持って行かれる。で、魚と綱引きしちゃいました。
「まずーい、出も竿が立てられない」と思っていたその時

「づ”ん」というおととともにブレイク

強度的には持つはずなのに、逝ってしまいました。しかもPE。
根掛かりで傷が付いていたくさい。


船長に


「6キロ~8キロクラスだね、もっとゆっくり、弱いドラグ設定でイイよ。でかいときは走ったら船をその上に持って行くから」 との言葉。はあ、大原のつもりできつくしてあった。悔やんでも悔やみきれない


かなり ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン、ショック。


こんなチャンスはなかなか無いのに~


おまけにちょうど良かった130グラムのジグも無くなったしw


船中ではモーニングでコマサくんが3本くらい上がり、大物のブレイクが私のもふくめて2つ。



このあと、反応が無くなった。船の無線からは嘆き節が聞こえてくる。今日はアジもイカもダメらしい。


終了1時間前くらいにイナダが回ってきたとみえ、船中がにぎやかに(でも、鹿島のサビキアジのようにはつれない)
鹿島灘ワラササイズのイナダは引きも強くて楽しい。
こいつらはルアーに絡んでくるのが分かったら早引きとポーズの組み合わせで、割と簡単に掛かる。
「やっぱりイナダはこれで釣れるんだよな~」
こいつらとはだいぶ遊んだので割と勝手が分かる。

でも、緩くしたドラグさえでない


なんとか6本取った。数としては船中でもまあまあといえる

P5200004.jpg

「しかし、なっとくできない」

逃がした魚は大きい。でもほんとうだ

陸に上がってから船宿でだべっていて
「ここは大原と違うから、3キロでイイよ。そのために人数減らしてるんだから」
ハー(;゚д゚)ァ....

ちなみにデカイのをブレイクした人たちは私も含めてドラグ設定がきつめだった。



良い勉強になりました。次はゆるめで!頑張ります
(でもちととおい)


070520_gyotaku.jpg
今日のルートはこんな感じ。総移動距離24.1kmでした。



---- まとめ
・ドラグはゆるめ
・130グラムのロングジグがいい感じ
・それ以下だと使えないことはないが時間が掛かる
・ショートもイナダ系には効くので必要


結果
イナダワラサ×6
PE3号+リーダー60ポンド
スティンガーバタフライ、ドリフト、O2メタル
白浜渡船 7000円 4時半集合、12時上がり 

関連記事
もっと釣りの情報を見る
釣り情報ポータルFish/up  にほんブログ村 釣りブログへ 
コメント
この記事へのコメント
一応ごちそうさまでした
でっかいのたべたかったなあ~(笑

でも、いなわらくんもおいしかったのでよいです。
2007/05/23(水) 22:39 | URL | 相棒 #-[ 編集]
イヤー、本当にショックですわ。
ばれるからおもしろい、と船長には言われましたが、なっとくできないですね。悪いのは自分。だからよけい悔やまれる。

ちなみに帰りは4時間かかりましたが、もう少しは早くなれるかと。朝なら3時間で行けると思います。いっちゃいますか!

ワールドさんもどうですか。ツインパの魂いれに!修業になると思いますが、多分、当たりも入ってますよ。
2007/05/21(月) 12:26 | URL | BOO #-[ 編集]
やってますね♪
マサ・・・140cm!って何キロでしょうか??
たしか鹿島の釣具屋にも同じ位の魚拓が飾ってありました。
あ~「づんっ!?」って言う手応え、、待ち遠しいですね。
贅沢は言いません。60cmで良いのですが。。。
イナダもイナワラサイズですね♪
美味そう!
2007/05/21(月) 11:58 | URL | わーるど #-[ 編集]
くやまれますな。
ドラグ3キロですか・・・。

いきてー
帰りは何時間くらいかかりました?
2007/05/21(月) 09:07 | URL | しんのすけ #MAABAltA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boo007.blog4.fc2.com/tb.php/152-e742ef4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。