あちらこちらでたまに竿を振った釣果を書いてます。普段はつぶやき主体です

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月14日
シーバス

DVC00130s.jpg



ワールドさんから


「ボート行きますよ」

と言うお誘いが来たので、早速

「行きますよ」

と返事しました。




このところ陸っぱりでは成果が出てませんが、

さて、どうなりますか!!





----ここから----

夕まずめねらいでしたが、若干風が強く心配な状況。
・・・河口のうねりはそれほどでもなく、無事に出船。

DVC00131s.jpg



こんな感じで、強風の影響でちゃぷちゃぷしているが、懸念されていた大きなうねりもなく、イイ感じである。






折しも最高気温は25度にも成ろうかという、半袖でも行けそうな陽気。

後は釣れるだけ(ここが一番問題か)








まだ時間が早いこともあり、まずはロック狙いと言うことで魚礁周りへ。




このポイントは沈船があってそのまわりに魚が付いているというお馴染みのポイント。


何でも最近取材ででっかい?ヒラメが上がったとか。





ソレを聞いていた一同は、マジメにシャクリ開始。




あっ、今日は私もルアー氏となりますよ。

重たいジグヘッドはなかったので、4ポンドのラインに3.5gのジグヘッドを装着。




・・陸っぱりのメバルか!







・・・で、ロッドも陸っぱりメバル自作2号である。

(制作記を途中でぶんなげてあるやつw)






水深は20mらしい。魚探ではボトムの凹凸が見える。





「ここは根がきついんだよな」





とりあえずキャスト。さすが3.5グラムもあるとジグヘッドはかっとンで行く。そりゃそうだ。いつもこんなの使わないモンね。






潮が速いが何とかボトムは取れる。





「とんとん、つー」


探ってみるが、ナンの当たりもない。







そのうちアルパーさんが) ´ー`)生臭い?トレーラーをつけてなんか来たとのこと。





あおきさんがドンコをゲット。









私はメタルジグに替えてリフト&フォールで探っていた。

すると、フォールでぐぐんぐんときた。




乗った。魚だ


きましたよーんと喋りながら浮かせてくる。なんといっても超ライトタックルだから無理はできない。ロッドは満月みたいに曲がっている。途中首振りダンスがあって、浮いてきたヤツは案の定アイナメクン30センチくらいだ。



で、タモ掛けに失敗して帰って行った。


まあ、ウチでは人気無いからイイか~(とつよがり)




ま、1号くらいのPEと10グラムくらいのジグなら20mは充分遊べる感じを得ただけでもOKでしょう。







さて夕暮れが近づき、本日のメイン。シーバスである。

IMGP0065s.jpg



天気は夕日がきれいだ。波も心なしか納まってきた。南風に替わると凪るよと言った船長の言うとおりだ。後は魚さえ遊んでくれればw






いつもの沖磯周りに来ると寮船が来ていた。1バラシのみで渋いらしい。




「やっぱりそんなんか~」




ここでの目的は、やはりシーバスを釣ることだが、自作ロッドの調子を試したい。魚を掛けて大丈夫なもんか、その辺もすごく気になる。あとはバイブをフルキャストした調子なんかも気になる。




で、バイブをフルキャスト。イイ感じだ。いつも使っているロッドよりもヘビーだと言うことも有るが、キャスト後のぶれもなく使いやすい。




しばらくやっているとワールドさんにきた。



「あ”~」と言う声と共に





・・・・・・で途中でばれる。





その後なんどもおなじ声を聞くことになった。




今日は食いが浅い・・・




IMGP0066s.jpg




夕暮れが迫り、当たりが比較的頻発しだした。



時合いだ。





私はやっぱり大好きショアラインシャイナーを使ってみた。

ここ一番の時には信用できるヤツだ。

磯の裏側からオープンがわにきたときに

「ごごん」と言う当たりと共に竿がイイ感じに曲がった。

散々バラシをみているので、はじかれないように丁寧に寄せてきた。

ロッドのためはイイ感じである。バットパワーも十分そうだ。


やがてシーバスはボートに近づくとボトムに向かって走り出す。ここが陸っぱりとの大きな違いである。コレが楽しいところだと言ってもイイだろう。ロッドはがっちりと曲がっているが、そのまま溜めていればちゃんと浮かせてくれそうだ。





で、無事にネットイン。50センチくらいなのに良いファイトだった。


IMGP0072s.jpg



その後、2本目を追加。1つとって余裕が出たのでロッドの調子を見ながら寄せられた。全く問題ない。



こちらは56センチ、厚みのあるヤツだった。

IMGP0070s.jpg



そのあと、ワールドさんがサラナのデカイヤツで28センチのメバルをゲット。


私にも来ないかと思ったが甘かったw




IMGP0079s.jpg


すっかり日も暮れて暗くなるとともに当たりが無くなった。


ストップフィッシング!




今回は2本、バラシ無しと出来過ぎの結果だった。

コレもロッドのおかげか?!

自作ロッド、みなさんもやってみてはいかがでしょう。オススメです。
まずは気に入らないティップ周りのガイドの変更とか、結構コレで快適さが替わりますよ。

関連記事
もっと釣りの情報を見る
釣り情報ポータルFish/up  にほんブログ村 釣りブログへ 
コメント
この記事へのコメント
暗くなってからもワールドさんはゴリマキしてました
私は普通に秒速1回くらいだったかな。

味のほうは、臭みなく、脂乗ってましたよ!
2007/04/16(月) 12:16 | URL | BOO #-[ 編集]
暗くなっても早い釣りでしたか?
1日1本以上釣りたいな~w
2007/04/16(月) 09:51 | URL | しんのすけ #MAABAltA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boo007.blog4.fc2.com/tb.php/144-100881e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。