あちらこちらでたまに竿を振った釣果を書いてます。普段はつぶやき主体です

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は嵐でしたね。ちょっと12月とは思えない雨が降ったりして、異常気象なんでしょうか。

今日で、仕事納めの所も多いでしょう。
釣り納めはしましたか?


さて、今回もガイドを取り付けていきますよ。
と、その前に使う道具を見ていきましょう。





----ここから----


まず、スレッド 巻で使用する糸は DVC00033s.jpg

こんな感じです。太さによってA~Dとナンバーが付いていたりします。色は色々あります。素材はナイロンが主ですね。
実は手芸屋の糸も使える物がありますから試して見ましょう。

私はレオナ66と言うヤツを使ってます。

要は毛羽立たなければOKです。

次はこれ

DVC00032s.jpg
糸のテンションを一定にする道具です。
私はバネやワッシャーやゴムを使って自作しています。
これがあれば、巻作業中に手を放すことができますし、スレッドに手の油が付くことも減らせます。


巻いた後にはエポキシ のコーティングが必要です。

DVC00035s.jpg
2液性のエポキシを使います。
これは適当に弾性を持ったまま硬化する、ロッド専用のコーティング剤です。これでコーティングすることで、強度をスレッドに持たせることができます。

コイツを上手に塗れるとロッドはカッコイイのですが、難しい!
24時間かかって硬化しますから、ゆっくりロッドを回転させることが必要です。
そこでロッドドライヤー をつかいます。

自作もできますが、市販品の方が信頼度は高いようです(笑)



自分で作るのはめんどくさい。そんな人は ダイワ(Daiwa) 月下美人 ソルティスト エクストリーム STX-RF 74S-SVFがいいでしょう。こちらなら保障付きです。


やっぱり自作がいちばんだよ!っていう自分でやってみたい人は、キットがオススメです。
ライトジギングパーツセット なんてのはいかがでしょう。自分で考えるよりもまず組み立ててみるのが、おすすめです。「んー簡単にできるんだな」って思えるかも知れません。


あと、道具も複雑でややこしいから、一つづつ作り始めてから、あれがないこれがないというのも大変。だから何から全部揃えたいって人はオリジナル入門セット(真鯛) なんていう、いわゆる”全部入り”もいいですね。コレなら直ぐはじめられます。


関連記事
もっと釣りの情報を見る
釣り情報ポータルFish/up  にほんブログ村 釣りブログへ 
コメント
この記事へのコメント
今年も終わりですね~

こちらこそ来年もお願いいたします。さあて、地を這って実家へGOです。
2006/12/30(土) 09:45 | URL | Boo #-[ 編集]
ちょっと早いですが。
年末パソコンいじれないため早いですが。

今年は大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m。

ではよいお年を!

これからマッハで仕事です汗
2006/12/30(土) 08:40 | URL | しんのすけ #MAABAltA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boo007.blog4.fc2.com/tb.php/128-9f1a7803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。