あちらこちらでたまに竿を振った釣果を書いてます。普段はつぶやき主体です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
でっかい物が釣れたニュースがやってましたね。
手取川河口でリュックサックに入ったものが。800万だとか。



へ、私が釣れるでっかい物と言えば・・・










直径6400km、一周4万キロ・・・




地球ですかw
ええ、それなら昨日何回も釣りましたよ。あまりにでかくてそのたびにラインブレイク・・・


ま、それは置いておいて、一足先に現在作製中のロッドを振ってきました。ターゲットはメバル。

どんな感じでしょうかね。たのしみですよ



----ここから----

いっときよりは釣果が落ちたような気がしますが、まだまだいけるでしょう。

昨日は夕方に満潮maxがやってきますから、それから潮位が下がっていくパターンを攻めてみたいと思います。



やはりメバルは潮に敏感です。
それだけでもないのですが、やはりかなり重要であることは確か。それまで全然だめだったのに、同じコースをトレースしていても、潮が動き出した瞬間に喰うことは良くあります。


今回はどうでしょうか。



とりあえず1.5gのジグヘッドとママワームシュリンプをつかって攻めていくことにします。潮にはやや濁りが入っているようです。
ここは水深があるためやや重めのジグヘッドで攻めます。

始めて1時間ほどはやはり当たりもほとんどありませんでした

潮が動き出したな~というのが実感できるようになった頃、当たりが出だしました。




20センチ

21センチ

22センチ

18センチ

24センチ・・・



パラダイスだ。



キタ━━(゚∀゚)━━ヨ
DVC00051s.jpg
こんなヤツがどんどん釣れます。

ヽ(´ー`)ノ

パラダイス状態は1時間ほど続き、その後ぽつぽつになりました。


やはりタイミング、時合い、トレースコースとスピードは重要です。



さて、自作のロッドのインプレッションですが・・・

ウエダのPRO4-FLSにはかなわないですが、十分に感度は高い。
バットパワーは充分にあり、30センチのソイもラクラク浮いてきました。(すわ、尺メバルと思ったのですが、口が大きかったのです(^^;
ティップの柔らかさも十分で、先から素直に入ります。

キャストも充分やりやすい(1本目はこの点がイマイチ)

ATガイドで強度に不安が若干ありましたが、問題ない感じです。
耐久性については・・・これからわかりますね。


ライトブランクでしたが、コレで充分です。マタギブランクを使ってメバルロッドを作ろうと思っている方、Lの方で大丈夫そうですよ。


自分で作るのはめんどくさい。そんな人は ダイワ(Daiwa) 月下美人 ソルティスト エクストリーム STX-RF 74S-SVFがいいでしょう。こちらなら保障付きです。


やっぱり自作がいちばんだよ!っていう自分でやってみたい人は、キットがオススメです。
ライトジギングパーツセット なんてのはいかがでしょう。自分で考えるよりもまず組み立ててみるのが、おすすめです。「んー簡単にできるんだな」って思えるかも知れません。


あと、道具も複雑でややこしいから、一つづつ作り始めてから、あれがないこれがないというのも大変。だから何から全部揃えたいって人はオリジナル入門セット(真鯛) なんていう、いわゆる”全部入り”もいいですね。コレなら直ぐはじめられます。


関連記事
もっと釣りの情報を見る
釣り情報ポータルFish/up  にほんブログ村 釣りブログへ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boo007.blog4.fc2.com/tb.php/126-16ec4d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。