あちらこちらでたまに竿を振った釣果を書いてます。普段はつぶやき主体です

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリップを接着していきます。

もちろん、その前に成形するところは先に加工して下さい。

後からは難しいですよ。

image008s.jpg

こんな感じでしょうか。




----ここから----



まず後ろ側のグリップを加工します。
感度アップのためにEVAの中にパイプを入れています。
image007s.jpg

接着剤を塗って、全部を取り付けていきます。

・・・とそのまえに

スパインを出して印を付けておきましょう。
詳しくは後から解説します(するつもりw)

全部を取り付けると

image009s.jpg

こんな感じ。

さらにワインディングチェック(飾りの金具)をつけると

image010s.jpg

こんな感じ。ワインディングチェックはガイドを付ける前に付けないと、後から取り付けることはできませんよ。

どうでしょう。結構ロッドらしくなってきたと思いませんか?
自分で作るのはめんどくさい。そんな人は ダイワ(Daiwa) 月下美人 ソルティスト エクストリーム STX-RF 74S-SVFがいいでしょう。こちらなら保障付きです。


やっぱり自作がいちばんだよ!っていう自分でやってみたい人は、キットがオススメです。
ライトジギングパーツセット なんてのはいかがでしょう。自分で考えるよりもまず組み立ててみるのが、おすすめです。「んー簡単にできるんだな」って思えるかも知れません。


あと、道具も複雑でややこしいから、一つづつ作り始めてから、あれがないこれがないというのも大変。だから何から全部揃えたいって人はオリジナル入門セット(真鯛) なんていう、いわゆる”全部入り”もいいですね。コレなら直ぐはじめられます。



つぎはガイドの取り付けかな。
関連記事
もっと釣りの情報を見る
釣り情報ポータルFish/up  にほんブログ村 釣りブログへ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boo007.blog4.fc2.com/tb.php/123-191c2c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。