あちらこちらでたまに竿を振った釣果を書いてます。普段はつぶやき主体です

2006/051234567891011121314151617181920212223242526272829302006/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜ご参加の皆様お疲れ様でした。


イカはやっぱりお化けです。
(大泣)
スポンサーサイト
6月27日
今日は早起きして、シーバスとイカの偵察に行ってきました。
今日もとか言わないの)


シーバスは下げねらい。薄明るくなった頃から時合いが訪れて、逃げまどうベイトとぼごっ、がぼ、ばしゅーという捕食音。

「くわっ(意味不明)」

とこちらも思いますが、誰一人当たらず、気づけばベイトのざわつきは終わっていました。

むー残念、3人(知らないアングラーも入れると5人)で振って、でないんだから今日はダメなんでしょう。


そそくさとあきらめて、エギングへ。
今週はちょっとフォレストさんやワールドさんたちに混ざって、フラットフィッシュの偵察に。


・・・気づいたら寝坊w


約束の地にいってみると、もう皆さん振ってました。
先週の濁りは取れてまあ、イイ感じ。もう少し波がある方がいいですが。

で、ひたすら探っていきますが、ノーバイト。
ワカメ大漁。

フォレストさんが目の前で手のひらソゲを数枚ゲット。カレイならともかく、手のひらヒラメでは。闘争心にだけ感心します。


で、フラットフィッシュの部終了。
帰りにふらふら色々見てきましたが、黒鯛も上がってませんでしたね。

暑い暑い

エギングの部に続く
涸沼川の調子が良いんだって!

ってことなんで、朝イチ偵察に行って参りました。
しばらく大雨も降ってないので水も落ち着いていました。
濁りも笹濁り、ちょうど潮も干潮に向かってまっしぐらにさがっていくところで、流れもガンガンに聞いてきていました。

良い感じ♪








なのですが、シーバスらしきアプローチは一度のみ。
流れの中でセイゴらしき反応はあるのですが、食わないようです。
しつこく、ルアーを通してみましたが・・・







今回も上から下まで(明るいからバイブレーション基本ですが)引きまくったのですが・・・






岸辺近くには数センチのイナッコ?もたくさんいて、ほんとに釣れそうなのですが・・・ダメでした。

どうすればスイッチが入るのか、難しいですね。
6月19日

仕事が終わってから、シーバスを近所に偵察に行きました。
雨の影響がそろそろ無くなったのではないかと踏んだしだいです。

入れ違いにセイゴクラスを下げたルアーマンが一人。どうでしたかときいたら、

「一つだけ、ダメだから帰る」

とのこと。海はべた凪でした。

とりあえず外海側へローリングベイトを放り込むと、直ぐガツガツという当たり。でも当然ながらすっぽ抜け(つд・)エーン

その後数時間あちらこちらキャストしましたが、二度とアプローチはありませんでした。


やっぱりべた凪だとイマイチですね。
6月17日 夜スルメ

金曜の大雨の影響で、川は激増水。ほんとはシーバスに行く予定でしたが、先週のことを考えて、さっさと諦めました。
だって、警戒水位よりも1mも上昇してれば釣りにならないでしょう。
きっと濁りがとれてくる、数日後の方が・・・


ということで、懸案だった予習に行くことにしました。予習って何?

雨が上がったので、ちょっと偵察に行ってきました。
それほどでもこちらはなかったので、今週は行けるかなと思っていたのですが・・・
久慈川はなんと、激流。
( ・ω・)ノ――――――――――――――@ ショボボボボーーーン
かなり上流は降ったのかと、水位を見ると

suii1.jpg


警戒水位を1mも超えていたようです。補正済みのデータを見るともっと明らかですここで確認!
と言うわけで、今週もダメのようです
雨シーズンがやってきました。
釣りをする方は晴れていた方が良いのですが、シーバスからのアプローチは天気が悪い方があるような気がしますね。


というわけで、金曜日の影響が土曜日には如実に残るだろうと踏んで(多分劇濁りアンドゴミだらけ)、日曜日に県央河川に出撃。
この時期の夜間の潮の動きは小さいので、明け方から午前中にかけての下がりをねらってみることにしました。
うまくいったら、狂ったように当たる(妄想)w・・・といいなあ

地の利を生かして、早朝短時間勝負です。


明け方、河口の某テトラの上はうねりで波をかぶっているにもかかわらず、基地がいたちがあがっています。
一寸私は遠慮。まあ、人それぞれですが何かあったら許されないモンね。というか、単純にあれは恐怖を感じます。


ポイントにはいると、複雑な流れが生じて、劇濁り。でも思ったよりはゴミは少ないようでねらったとうり。風が下流側から上がってややさざ波が生じており、何となくその中にボイルもある感じ。

これはいただきかと、思ったのですが、そうは甘くなかった。

上から順番に
S-FOUR、タイドミノー、アスリート、ラパラCDSR、CD9、クルクルなど・・・ルアーを引き倒したものの、全く魚信はありませんでした。


風も雨も強くなり、終了にしました。


3時間1本勝負。今回も玉砕w


釣行日時 6月4日

電動リールを使ってみました。しばらく前に用意をしていたのですが、なかなか使う機会がなかったのですが、中深場が始まった日立沖では、「オキメバル爆釣」「しかもサイズがでっかい」
というこれまたデビューには (≧∇≦)b チャンスです。

凪という条件だけが厳しいのですが、結果は大満足。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。