あちらこちらでたまに竿を振った釣果を書いてます。普段はつぶやき主体です

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


暖かくなってきたので、そろそろシーバスが一つ釣りたい。いや、暖かくならなくても釣りたいのですが、やはり、無理せずにwウェーディング出来るようになると、やっぱりルアーでシーバスが釣りたくなる。
寒くたって、釣りたいのですが、やはりここはへたれ仕様な私なので、冷たい水に浸かってのシーバスは根性が続かない。沖釣りの海水は、外気と比較してとっても温かですが、河川はそうはいかないモンね。
スポンサーサイト
P1000121.jpg

またもや、カレイに行ってきました。懲りない私。バカの何とかというか、うちの人には嫌われるというか・・・いやがられるというか。

でも行っちゃいますw
タチウオジギングその12004062601.jpg
ジギングはお願いしますって振られましたので、それではいくつか書いていこうと思います。

東京湾でベイジギングといわれるライトタックルでのターゲットはシーバスとタチウオ。このうちシーバスはジギング入門としてはもってこいでしょう。水深は20mくらいまでだし、ジグも軽いし、ちゃんと腕によって釣果にも差がつく。道具も何でも出来るのだが、釣果に差が出ると腹が立つので、結局いろいろそろえることになる・・・とおもう。
タチウオも同じですが、ターゲットがやや深いところにいるという点が異なる。ただしタックルはどちらも兼用出来るので、一組そろえれば両方OKである。

東京湾口のタチウオポイントは、観音崎沖と下浦沖の2ヶ所がメイン。夏場なら40m~50m、ほんとに浅いときは20mよりも浅場で釣れる。一方晩秋から冬にかけてのポイントは、水深80~100m前後が中心だが、終期には下浦沖の150~200mという深場をリサーチすることもある。海底質は砂泥。根掛かりの心配は少ない。

大きさは夏はやや小降りの80cmクラスが多く、いわゆる指3本級、ネクタイなどと称すことが多い。一方晩秋から冬にかけてのタチウオは120cmを超えるサイズもあがり、指5本級などの厚みのあるヤツを釣ることが出来る


<マガレイって?>
マコガレイにそっくりですが別の種です。マコガレイよりとがった顔付きに、個体差はありますが、眼のない側の尾の付け根が黄色く全体的に透明感があります。
 東北地方より北の海では一般的なカレイで、中心となる大きさはマコガレイほど大きくはない雰囲気ですが、でかいヤツは50㌢を超えるとか。

仙台湾にはこいつらがまるで、絨毯のように敷き詰められているほど釣れると言うことなので、友人に会いに行くついでに釣ってこようという魂胆である。
サイズは小さいものの、かなり数がでるらしいので、東京湾のシロギスのようにあそべるのではないかと期待。

さて、爆釣になりますか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。